血流をよくすることの重要性

こんにちは。パーソナルジムトレーナーのたまるさんです。

ここ最近事務作業を長時間することがおおかったです。

いくらジムトレーナーといってもデスクワークをしている時間も長いんですよ。

一人でももくもくとひたすらPCと向き合う、、

そんな作業も私は嫌いではないのですが、ときにはどうしても集中が続かなくなります。

集中できるときと、できないときはっきり別れますね。

まあ長時間イスに座って、PCとみらめっこなので疲れてるのでしょう。

体の疲れは気合やテンションで頑張れますが脳の疲れはそうゆうわけにはいきません。集中力がなくなってから続ける作業はしんどいものがありますね。

でも疲れてもどうしても今日中に終わらせたい…

でも頭がぼーっとする…

 

このようなことは、デスクワーカーの方なら頻繁にあると思います。

早く寝て、朝はやく起きて作業するのもおすすめですが私たまるはそんなときは部屋でジャンプします。笑

ジャンプジャンプじゃーーーンプ!3回目のジャンプは気持ち高めに…。

そうするだけで一気に頭がシャキーンとし始めることが多いです。

もちろんいつもではありません。無理せずやっても効果がなかったら寝ましょう!

家でジャンプできない方はスクワットがおすすめです。スクワットは体の中でも大きな脚や臀部の筋肉を効率的に刺激することができ血流改善にも適したエクササイズです。

下半身の鍛え方、家での筋トレではこちらのサイトに載っているのなんか取り入れやすくいいと思います。→下半身筋トレ

結局だるさって、血流の悪さから来ていることが多いのです。

ずっと座っていると動かない状態で長時間脚が下にあるのに加え、座ることで股関節、臀部が圧迫されるため、上半身と下半身の間で締め付けられているとイメージしてくれるとわかりやすいです。

なので体が重いなど疲れがでたら、休むのもいいですが思い切って運動するのもおすすめです。このときの運動ではあまり負荷が高くなく、そして短時間1、2分〜10分以内に行えるもので十分です。

運動すると気分がはつらつとするのもすっきり感を感じるのも血流がよくなるからなんです。

あとはチューブ、オフィスでも自宅でも一個あると非常に便利で良いと思います。

チューブを使うと、ストレッチ効果も筋トレも効果が大きくなります。

といっても負荷が大きくなりすぎることはないので、自宅での利用、毎日の利用におすすめです。

チューブを使って、肩まわりほぐしていきましょう!肩甲骨周りとほぐすのがポイントです。

すっきりさせていきましょう!